メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

改革の本気度

 大分県が「働き方改革」の推進に向けて設置した会議の委員名簿を見て、首をひねった。14人のうち会社経営者や経済団体からが9人を占め、労働側は労働団体などからの2人だけだ。男女比は男性8人、女性6人とほぼ均等なのに。

 この「県働き方改革推進会議」は2016年12月に設置された。必要に応じて議論し、県はここでの内容を施策に反映させるという。ただ、人選に行政の「本気度」を…

この記事は有料記事です。

残り277文字(全文461文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 新宿御苑「首相の到着時間」と「後援会関係者の入場時間」連動か 桜を見る会

  4. 「いつもより飲める」「働き方改革は…」 大阪・御堂筋線で2時台まで終電延長実験

  5. 楽庫・歌謡ラボ はやぶさ「酔わせて朝まで」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです