メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いじめ賠償訴訟

川越市争う姿勢 地裁支部初弁論 /埼玉

 同級生からいじめを受けたうえ、学校の不適切な対応が原因で不登校になったとして、川越市立中学の元女子生徒(16)と両親が市に約2183万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が30日、さいたま地裁川越支部(斎藤憲次裁判長)であった。市は請求の棄却を求めて全面的に争う姿勢を示した。

 訴状によると、元生徒は所属した吹奏楽部…

この記事は有料記事です。

残り166文字(全文327文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に津波注意報
  2. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  3. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  4. 「古瀬がんばれ!!」五郎丸選手が佐賀工ラグビー部後輩の巡査に励ましメッセージ 交番襲撃
  5. 防災なるほドリ 帰れなくなったらどうしたらいいの?=回答・金森崇之

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです