メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

展示

絵師暁斎の魅力伝え継ぐ ひ孫女性、蕨の自宅を美術館に 3400作品を収蔵 /埼玉

 自由闊達(かったつ)、風刺の利いた画風で幕末から明治期に活躍し、近年注目を集める絵師、河鍋暁斎(きょうさい)。ひ孫の河鍋楠美(くすみ)さん(87)=蕨市=は、自宅を改装した美術館に国内外で集めた暁斎の作品約3400点を収蔵・展示し、魅力を伝える活動に力を入れている。

 浮世絵師の歌川国芳に師事後、狩野派に転じるなどさまざまな技法を学んだ暁斎。仏画、動物画、春画などあらゆる題材をユーモラスに描く人気絵師となった。鹿鳴館を設計した英国人建築家ジョサイア・コンドルも、暁斎から絵を学んだ一人だ。

 生前広く知られた暁斎の名が、近代の日本美術史から消えていると感じた河鍋さん。眼科医として働く傍ら、…

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文616文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  3. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  4. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  5. 仙台・警官刺殺 容疑の大学生に「礼儀正しい子なぜ」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです