メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

提訴

1年で雇い止め 川崎市の施設、元副館長が /神奈川

 川崎市市民ミュージアムの副館長だった男性(57)が30日、指定管理者の企業、アクティオ(東京都目黒区)から1年で雇い止めにされたとして、雇用関係の権利があることの確認と雇い止め以降の賃金の支払いを求め、横浜地裁川崎支部に提訴した。

 この男性は浜崎好治さん。訴状によると、浜崎さんはミュージアムの開館(1988年)当初から学芸員などとして働いてきた。昨…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文440文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  2. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 「規律と自主性」ぶつかり合い、そして歩み寄ったリーチ主将とジョセフHC 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです