メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ショートメール

原発事故の語り部 /静岡

 東日本大震災と東京電力福島第1原発事故から7年半を前に富士市の学習塾経営、堀川文夫さん(64)の体験談を聞いた。堀川さんは、市内で開かれた「第31回平和のための富士戦争展」で戦争体験者らとともに、原発事故の被災者として語り部を務めた。

 堀川さんは2011年5月、福島県浪江町の全町避難で富士市に移り住んだ。12年4月に塾を再開し、生徒は18人に。教訓を次代に伝える戦争展に賛同して実行委員に名を連ね、高校生らと展示作業にも携わっていた。

 「人類は自然災害と闘ってきたが、原発事故は乗り越えられない。理不尽で、全てを失った。津波と地震だけ…

この記事は有料記事です。

残り402文字(全文671文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. ORICON NEWS ラルク、全436曲&全MV51本をサブスク解禁 インスタも開設

  3. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  4. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  5. 名古屋 車庫に男性遺体 パチンコ台メーカー社長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです