メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひろしまラウンドテーブル

「東アジア 核なき平和を」 9カ国有識者が議論 /広島

朝鮮半島の非核化などについて議論する参加者=広島市南区で、寺岡俊撮影

 核軍縮をテーマに国内外の有識者が議論する県主催の国際会議「ひろしまラウンドテーブル」(議長=藤原帰一・東京大教授)が22、23両日、南区で開かれた。朝鮮半島の非核化や核抑止に頼らない安全保障のあり方について議論。「朝鮮半島の非核化と、アジア太平洋地域で核兵器に依存しない平和の実現に向けて行動をとらなければいけない」などとする議長声明を発表した。

 会議は県の「国際平和拠点ひろしま構想」の一環。6回目となる今年は、日本、米国、ロシア、英国、中国、韓国など9カ国から核軍縮などの専門家ら23人が参加した。会議は「朝鮮半島の非核化」「核抑止に頼らない安全保障」の二つのテーマを非公開で議論し、最終日に議長声明をまとめた。

この記事は有料記事です。

残り222文字(全文531文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  2. 声をつないで 「いかに異常か気づいてほしい」中満泉・国連事務次長が海外から見た日本の現状

  3. 児童体罰で懲戒の小学校教諭 自宅待機処分中にFB投稿 ツーリング・グルメ満喫

  4. 霞が関OBもカンカン…検事長の定年延長 語られぬ「条文第2項」の衝撃

  5. 確定申告の期間延長へ 政府 申告集中避ける狙い 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです