「スマート農業」講義

農業大学校2年生30人、ドローン農薬散布見学 防府 /山口

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 ロボットなどを活用して農業を省力化する「スマート農業」の講義を受けている防府市の県立農業大学校の2年生約30人が、市内の田んぼでドローンを使った農薬散布について学んだ。

 散布用のドローンの価格は、現在主流の無人ヘリコプターの5分の1程度に当たる約300万円。小回りが効き、1日15ヘクタールに散布できる。操作には資格が必要で、ド…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文413文字)

あわせて読みたい

ニュース特集