メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

徳島・新町西再開発

組合、市を提訴 「新ホール撤回で損害」 /徳島

記者会見で損害賠償請求訴訟について説明する岸本達司弁護士=徳島市西新町の再開発組合事務所で、松山文音撮影

 新ホール建設を中心とする徳島市中心部の新町西再開発を巡り、地権者でつくる再開発組合(高木俊治理事長)は30日、市を相手取り、計約6億5448万円の損害賠償を求め徳島地裁に提訴した。

 訴状によると、組合は市と協議しながら音楽芸術ホールを中核とする再開発計画を進めてきたが、2016年に就任した遠藤彰良市長の下、市は費用が高すぎるとしてホール買い取りを撤回。事業は最終段階に入っており、組合は事業費や事務費などを業務代行者からの借入金で賄いながらホール設計や地盤調査を進めていた。借入金は、ホールを市…

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文624文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 1本20万円超の水を勝手に注文、支払い巡り女性を脅した容疑でホスト逮捕

  2. JRA栗東トレセンで厩舎3棟燃える 馬4頭取り残され、3人病院搬送 滋賀

  3. 愛知で新たに88人感染 名古屋市は50人

  4. 俳優の渡哲也さん死去 78歳 ドラマ「西部警察」 「くちなしの花」ヒット 石原プロ前社長

  5. 沖縄知事 国にコロナ水際対策強化要望 航空便搭乗前にPCR検査求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです