メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

被災の早川さん一家、阿蘇でペンション再開 「生きる張り合いに」 /熊本

 2016年4月の熊本地震で被災した熊本県南阿蘇村のペンション村「メルヘン村」でペンションを営んでいた早川洋一さん(72)がこの夏、約7キロ離れた阿蘇市乙姫(おとひめ)で再スタートを切った。メルヘン村には六つの宿泊施設があったが、営業再開は初めて。早川さんは「生きる張り合いになる」と喜んでいる。

 「ようこそ」。今月4日夕、早川さんのペンション「ベルバード」に着いた熊本市中央区の木村智幸さん(71)ら3人を、早川さんは満面の笑みで迎えた。早川さんの高校時代の旧友、木村さんは早川さんの笑顔に「地震後心配していたが、元気そうでよかった。今日は昔の話をして苦労を癒やしてあげたい」と語った。

 メルヘン村は1979年、当時の長陽村(現南阿蘇村)が造成・分譲した。宿泊6施設に民家3世帯があり、…

この記事は有料記事です。

残り522文字(全文866文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

  2. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  3. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

  4. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  5. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです