ジャカルタ・アジア大会

陸上 男子400リレー 圧勝の金

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
陸上男子400メートルリレー決勝で日本の第3走者の桐生祥秀(左)からバトンを受けるアンカーのケンブリッジ飛鳥=ジャカルタで2018年8月30日、宮間俊樹撮影
陸上男子400メートルリレー決勝で日本の第3走者の桐生祥秀(左)からバトンを受けるアンカーのケンブリッジ飛鳥=ジャカルタで2018年8月30日、宮間俊樹撮影

 【ジャカルタ倉沢仁志】ジャカルタ・アジア大会は第13日の30日、陸上の男子400メートルリレー決勝があり、日本が38秒16で優勝した。1998年バンコク大会以来、20年ぶりの金メダルとなった。3連覇を狙った中国は38秒89で3位。2位は地元のインドネシアだった。

 日本は第1走者の山県亮太(26)=セイ…

この記事は有料記事です。

残り122文字(全文274文字)

あわせて読みたい

注目の特集