メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

在日米軍再編

辺野古埋め立て承認 沖縄県、きょう撤回へ

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設計画で、沖縄県は31日、仲井真弘多(なかいまひろかず)元知事による辺野古沿岸部の埋め立て承認を正式に撤回する。事業主体の防衛省沖縄防衛局に通知した後、謝花(じゃはな)喜一郎副知事らが記者会見して発表する。承認の撤回で工事は法的根拠を失って止まるため、政府は法的な対抗措置を取る構えだ。

 撤回は、承認後の事業者の違反などを理由に埋め立て承認の効力を失わせる措置。辺野古移設に反対した翁長雄志(おながたけし)知事は7月27日、移設阻止に向けて承認を撤回すると表明した。

この記事は有料記事です。

残り325文字(全文588文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 赤ちゃんザル「エール」優勝 高崎山・選抜総選挙 大分

  3. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

  4. 名前は「けしモン」! 大分市消防局マスコット、20年越し命名

  5. この国に、女優・木内みどりがいた <21>DON’T FORGET FUKUSHIMA

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです