メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

もんじゅ廃炉 不安の船出 ナトリウム危険/作業経験不足/後継炉難航

核燃料の取り出し開始を前に、日本原子力研究開発機構の児玉敏雄理事長(手前)の訓示を聞く職員ら=福井県敦賀市で2018年8月30日午前9時、猪飼健史撮影

 日本原子力研究開発機構は30日、高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)で核燃料の取り出しを開始、今後30年間かかる見通しの本格的な廃炉作業に着手した。扱いの難しい冷却材や作業員の経験不足など完了まで難題が続くことが予想され、後継炉の開発もおぼつかない中、原子力に依存してきた地元は岐路に立たされている。

 「これからが本番。安全、着実に進めることが地元の信頼につながる」。30日、原子力機構の児玉敏雄理事長は廃炉への決意をこう語った。

この記事は有料記事です。

残り2009文字(全文2228文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  2. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  5. 四国トピックス 「眼鏡曇らないマスク」 徳島の2店がコラボし開発 通気性抜群「接客業にぜひ」 /徳島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです