メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

仏大統領の失速=西川恵

 <kin-gon>

 夏休みが明けた欧州政治で際立つのはフランスのマクロン大統領の孤立感だ。1年前、マクロン氏が多国間主義、開放体制、欧州統合推進の若き旗手として、国際社会の熱い期待を担っていたことを考えると隔世の感がある。

 パリで27日、世界中のフランス大使を集めて、恒例の大使会議が開かれた。マクロン氏は仏外交の方向性として、仏の影響力と魅力の世界での拡大、野心的な欧州政策の展開--などを挙げた。しかし大統領の孤立感もあって、会議の空気は重苦しかったと仏紙は伝える。

 あれほど期待を寄せられたマクロン氏が求心力を失った理由の一つは、トランプ米大統領との溝の拡大だ。昨…

この記事は有料記事です。

残り725文字(全文1011文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  4. 競売 ヒトラーの写真130万円落札 ユダヤ系少女と笑顔
  5. さくらももこさん 声優ら参列し「ありがとうの会」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです