メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
金言

仏大統領の失速=西川恵

 <kin-gon>

 夏休みが明けた欧州政治で際立つのはフランスのマクロン大統領の孤立感だ。1年前、マクロン氏が多国間主義、開放体制、欧州統合推進の若き旗手として、国際社会の熱い期待を担っていたことを考えると隔世の感がある。

 パリで27日、世界中のフランス大使を集めて、恒例の大使会議が開かれた。マクロン氏は仏外交の方向性として、仏の影響力と魅力の世界での拡大、野心的な欧州政策の展開--などを挙げた。しかし大統領の孤立感もあって、会議の空気は重苦しかったと仏紙は伝える。

 あれほど期待を寄せられたマクロン氏が求心力を失った理由の一つは、トランプ米大統領との溝の拡大だ。昨…

この記事は有料記事です。

残り725文字(全文1011文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  3. ASKAさん 封印していた「チャゲアス、19年前のソウルコンサート」 今DVD化する理由を語る

  4. チャゲアス脱退のASKAさんコメント全文

  5. らっこ・アーティスト Chage でこぼこ道でも未来へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです