連載

2018自民党総裁選

相次ぐ政府の不祥事で安倍晋三首相の求心力が低下する中、9月に行われる自民党総裁選への動向を探る。

連載一覧

2018自民党総裁選

首相、党員票固め加速 地方議員「7割超」と面会へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
自民党総裁選に向け安倍晋三首相と地方議員の面会がない府県
自民党総裁選に向け安倍晋三首相と地方議員の面会がない府県

 9月の自民党総裁選に向けて安倍晋三首相(63)=党総裁=と石破茂元幹事長(61)が地方の党員票固めを加速させている。6年前は党員票で石破氏を大きく下回った首相だが、今回は完勝を目指して9月7日の告示までに47都道府県のうち7割超の地方議員と面会する見通しだ。一方、国会議員票で後れをとる石破氏は、党員票が生命線だが苦心している。

 「中央と地方の格差が広がっているとの批判は全く当たらない。地方税収は過去最高で、法人関係税収は愛知が日本一」

この記事は有料記事です。

残り996文字(全文1217文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集