メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

福井地震70年 埋もれた体験伝えよう=大森治幸(福井支局)

福井地震後の福井市内の様子と、丸岡南中学校で映像作品を編集する長谷川さくらさん(左)と大橋梨瑠さん

 福井地震を知っているだろうか。福井県丸岡町(現坂井市)を震源とした1948年6月28日発生の地震で、石川との両県で3769人が犠牲になった。95年の阪神大震災までは戦後最大の被害規模とされた地震だが、戦後間もない混乱期に起きたこともあり、地元出身の私でさえ、体験者からその実相を尋ね聞く機会は少なかった。

 被災70年の今年、初めて本格的に取材して、確信したことがある。西日本豪雨など天災が続くこの国で「震度7」や家屋の耐震基準を導入する契機となった福井地震は、未来に語り継がねばならぬ大災害だ。

この記事は有料記事です。

残り1785文字(全文2033文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  3. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議への関心は「新政権のツッコミどころだから」 投稿炎上、西田亮介氏の真意は

  5. 前回世論調査に比べ反対比率が急増 都構想の行方、最終盤までもつれそう

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです