メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米中

揺れるインド太平洋 貿易・安全保障、高まる対立ムード

米中に挟まれるインド太平洋

 貿易、安全保障の両面で米中間の対立ムードが高まっている。米中の間に挟まれ難しい対応を迫られるインドや豪州、東南アジア諸国連合(ASEAN、10カ国)が、この地域の秩序の将来像をどう描くのか、それぞれの立ち位置を探った。

一帯一路VS新戦略

 中国が現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」で周辺国への影響力拡大を目指す中、米国も「自由で開かれたインド太平洋戦略」を打ち出し、アジア全域での影響力維持を狙う。こうした米中の対立ムードは、トランプ政権が2年目に入った今年、より高まった。

 4月に中国海軍は1万人規模の海上軍事パレードを南シナ海で実施して海軍力を誇示。習近平国家主席は演説…

この記事は有料記事です。

残り3043文字(全文3333文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大きな虹 福岡の空に
  2. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  3. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  4. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  5. 皇統は断絶の危機 愛子さまを皇太子に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです