ロシア

年金改革案修正 プーチン氏、世論反発受け

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
テレビ演説で年金改革の修正案を説明するプーチン露大統領=モスクワで2018年8月29日、AP
テレビ演説で年金改革の修正案を説明するプーチン露大統領=モスクワで2018年8月29日、AP

 【モスクワ大前仁】ロシア国内で年金支給年齢の引き上げ案が反発を招いていることを受け、プーチン露大統領は29日、テレビ演説で修正案を明らかにした。当初案では女性の支給開始年齢について55歳から63歳へ引き上げる予定だったが、修正案では60歳として、国民の理解を取り付ける構えだ。

 プーチン氏は約30分の演説で▽平均寿命が過去15…

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文410文字)

あわせて読みたい

注目の特集