メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

赤い「踏み絵」

中国カトリックは今/3 信仰選び、国外移住へ 「正統な教え」を求めて

北京の金融マン「パウロ」はロザリオを肌身離さず持ち歩いている=北京市で2018年4月9日、河津啓介撮影

 「中国当局が公認する教会でも、地下教会でもない、第3の道を歩むつもりだ」

 北京市東部のある場所で洗礼名の「ヤコブ」を名乗ったカトリック信者の20代男性は静かに決意を語った。

 カトリック信仰の盛んな河北省で生まれ、現在も暮らす。家族に信者はいなかったが、学生時代に教会建築の美しさに心を奪われた。やがて信仰にも興味を持ち、近くの公認教会や地下教会を訪ねるようになった。中国とカトリック総本山のバチカンが長年、司教の任命権などで対立する構図も徐々に理解するようになった。

 2014年、地下教会で洗礼を受けた。バチカンへの忠誠を貫き、「正しい教えを守っている」と感じたから…

この記事は有料記事です。

残り1103文字(全文1387文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 交番で警官刺され拳銃奪われる 防犯カメラに映った男の画像公開
  4. 交番襲撃 包丁刺さったまま身よじらせ 近隣住民「早く捕まって」
  5. 都内で「年金返せ」デモ 報告書・麻生氏受け取り拒否など受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです