メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

本質が語られない政治の果て=インターネットイニシアティブ会長・鈴木幸一

 この夏、欧州にいることが多かったのだが、日本と同様に欧州の暑さも年々過激になっている。旧西欧諸国では、いや応なく移民労働者の存在を目にするが、移民(難民)問題が、欧州のデモクラシーを本質から揺るがす問題であることに変わりがない。

 難民の受け入れをめぐっては、旧東欧諸国は強硬に拒否し、西欧では難民問題によって引き起こされたポピュリズムへの脅威が消えない。人口動態から見て移民によって労働力を確保せざるを得ないはずなのだが、欧州の難民問題は深刻なままである。

 難民問題を考えると、国民投票を連想する。英国の欧州連合(EU)離脱をめぐる国民投票も予想外の結果になったが、そもそも国民投票とはそんなものだ。超高齢化が進む日本の人口動態の将来は周知のことだが、同じ日に社会保障費の増額と減税についての国民投票が行われるとすれば、いずれも賛成票が圧倒的に上回るだろう。

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文709文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今度は煉獄さん? 鬼滅の刃の引用で「弱き人助ける覚悟」問われた首相 衆院予算委

  2. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  3. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  4. マンUのユニホームに苦情が殺到 「深緑」の落とし穴とは?

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです