メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ・アジア大会

柔道 男子73キロ級 大野、延長制す

柔道男子73キロ級決勝で韓国の安昌林(左上)を攻める大野将平=ジャカルタで2018年8月30日、宮間俊樹撮影

 (第13日・記録は共同など)

 柔道の男子73キロ級があり、2016年リオデジャネイロ五輪同階級金メダルの大野将平(旭化成)が決勝で、昨年の世界選手権銅メダルの安昌林(韓国)に延長で優勢勝ちし、金メダルを獲得した。日本勢の同階級での優勝は14年仁川(韓国)大会で2連覇を果たした秋本啓之に続き、3大会連続となった。

 決勝は延長11分の熱戦。優勝を決めたのは大野が信条とする鮮やかな一本勝ちではなかった。微妙な判定で…

この記事は有料記事です。

残り557文字(全文764文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 死者40人、不明19人に 毎日新聞まとめ

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

  5. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです