メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

嫡出否認違憲訴訟

2審も合憲 夫のみ権利 「国会の立法裁量」 大阪高裁

嫡出否認の違憲訴訟の相関図

 生まれた子との親子関係を否定する「嫡出否認」の権利を夫にだけ認めた民法の規定は、法の下の平等を定めた憲法に違反するとして、神戸市内の女性らが国に計220万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、大阪高裁は30日、訴えを退けた1審・神戸地裁判決を支持し、女性側の控訴を棄却した。江口とし子裁判長は、規定を合憲とした。女性側は上告する方針。

 女性の代理人によると、嫡出否認の違憲性を主要な争点にした初の訴訟。民法には婚姻中に妊娠した子は夫の子と推定する嫡出推定の規定があるが、妻や子には否認権がない。夫の子とされるのを避けるために出生届を出さないなど、子どもが無戸籍になる一因となっている。

この記事は有料記事です。

残り1130文字(全文1424文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川知事「交流は地域活性化」 宣言地域からの往来自粛呼びかけず、県民に不安の声

  2. 感染拡大でもなかなか減らない通勤 「窮屈な」日本特有の働き方

  3. 殺菌効果は半永久 ウイルスの不活性を早める銅繊維シート開発 新型コロナ

  4. 和歌山・紀の川市立中でクラスター 教員3人が新型コロナ感染

  5. 職員室で飛び交う暴言、下ネタ 「機能不全」に陥った神戸・東須磨小の抱えた「闇」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです