メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外1票の格差訴訟「違憲状態」 高松高裁判決
モンスター銀河

活発に星生む様子 国立天文台など初観測

アルマ望遠鏡の観測結果を基に描いたモンスター銀河の想像図。白く光る部分に、星の材料となるガスが多く存在している=国立天文台提供

 地球から124億光年のかなたで、「モンスター銀河」と呼ばれる巨大な銀河が爆発的に星を生み出す様子を初めてとらえたと、国立天文台などの研究チームが30日付の英科学誌ネイチャーに発表した。誕生から十数億年の初期の宇宙で、巨大銀河がどのように作られたかを解明する手がかりになるという。

 モンスター銀河は、地球が属する天の川銀河の1000倍ものペースで星が生まれる巨大銀河。星の材料となるガスを大量に含み、周囲が濃いガスやちりに覆…

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文532文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県警機動隊員を逮捕 SNSで迷惑行為の疑い

  2. ソチ五輪銅の平岡選手 ひき逃げ容疑で事情聴取 奈良県警

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 吉祥寺「2階は喫茶店」…実は無許可の映画館 容疑の社長ら16日書類送検

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです