LGBT

エンタメ集団「全力!歌劇団」が問う本当の幸せ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「全力!歌劇団」のメンバー、なおさん(左)とじゅんさん=中嶋真希撮影
「全力!歌劇団」のメンバー、なおさん(左)とじゅんさん=中嶋真希撮影

 トランスジェンダーのエンターテインメント集団「全力!歌劇団」が、精力的に舞台活動を行っている。2017年8月に結成し、今年1月と6月にミュージカル公演を開催し、計4000人を動員。夢とは何かを問いかける内容や、性的少数者(LGBTなど)への理解を訴えるメッセージが観客の共感を呼んでいる。ほとんどのメンバーが歌も踊りも未経験だったが、元スペクトラムのリーダーで爆風スランプなどのプロデュースも手がけた新田一郎さんによる指導で、プロとしてステージに立つまでになった。メンバーのなおさんとじゅんさんは、「舞台を見るのではなく、自分と向き合う時間にしてほしい」と語る。【中嶋真希】

 「私たちは、無力だけど、無気力じゃない」

この記事は有料記事です。

残り2049文字(全文2358文字)

あわせて読みたい

注目の特集