滋賀・沖島

イモ愛すイノシシ迷惑 特産アイス販売ピンチ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
14日未明に沖島の畑に出没したイノシシ。中央右で目が光っているのが分かる=滋賀県近江八幡市提供
14日未明に沖島の畑に出没したイノシシ。中央右で目が光っているのが分かる=滋賀県近江八幡市提供

 日本で唯一の淡水湖に浮かぶ有人島として知られる琵琶湖・沖島(滋賀県近江八幡市、約1.5平方キロ、人口約250人)が、イノシシの被害に悩まされている。特産品として昨年から売り出したサツマイモのアイスクリームも畑を荒らされて来年からは販売が難しい状況で、島民は「何とか駆除してほしい」と頭を抱えている。

 沖島は琵琶湖の漁獲高のほぼ半分を占めるなど漁業が盛んで、サツマイモは主に島民の自給用として栽培していた。ただ、島の特産品を生みだそうと婦人会が昨年、地元の小学校に通う子供たちのアイデアを基にサツマイモを使ったアイスクリームを開発。観光客…

この記事は有料記事です。

残り404文字(全文673文字)

あわせて読みたい

注目の特集