メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

体操パワハラ

塚原氏「高圧的でない。録音聞けばわかる」

塚原千恵子氏

 体操の2016年リオデジャネイロ五輪女子代表の宮川紗江選手(18)が日本協会の塚原千恵子女子強化本部長と夫の光男副会長からパワハラを受けたと主張した問題で、塚原強化本部長、副会長は31日、代理人弁護士を通じた文書で「私たちの言動で宮川紗江選手の心を深く傷つけてしまったことを本当に申し訳ないと思っております」とした上で、宮川選手側の主張に対する見解を示した。記者会見については現在協議中としている。 

 文書では、7月15日に宮川選手と面談した際、速見佑斗コーチとの関係を切るよう迫ったとされることについて、塚原副会長は「そういう趣旨での発言をしたかもしれない」と認めたものの、塚原強化本部長は「私たちが保有している宮川選手との録音内容をお聞きいただければ、高圧的な態度ではないとお分かりいただける」とした。

この記事は有料記事です。

残り166文字(全文520文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  2. 不倫「リンチ」過熱する社会、「完璧な人なんていないのに」金子元議員が問う「許すチカラ」

  3. iPSで国内初のがん治療、千葉大などが治験実施、移植成功

  4. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  5. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです