メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

首相、党員票固め加速 地方議員と面会へ

桜島を背景にして、自民党総裁選に立候補すると正式に表明する安倍晋三首相=鹿児島県垂水市の海潟漁港で2018年8月26日、新開良一撮影

 9月の自民党総裁選に向けて安倍晋三首相(63)=党総裁=と石破茂元幹事長(61)が地方の党員票固めを加速させている。6年前は党員票で石破氏を大きく下回った首相だが、今回は完勝を目指して9月7日の告示までに47都道府県のうち7割超の地方議員と面会する見通しだ。一方、国会議員票で後れをとる石破氏は、党員票が生命線だが苦心している。【高橋恵子、川辺和将、古川宗】

 「中央と地方の格差が広がっているとの批判は全く当たらない。地方税収は過去最高で、法人関係税収は愛知…

この記事は有料記事です。

残り694文字(全文924文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  3. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  4. れいわ新選組の舩後氏が初当選 重度身体障害者の新人 特定枠1位
  5. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです