メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
しわ改善化粧品

効能明記で市場拡大 各社参入相次ぐ

ポーラ「リンクルショット メディカル セラム」=同社提供

 目尻など顔のしわを改善する効果があるとうたう化粧品市場が活況だ。しわは年齢を重ねた多くの女性が直面する悩みなだけに関心は高く、ポーラと資生堂に続き今秋にはコーセーも参入する。しわを改善する化粧品が人気なのは、各社が研究開発を重ね、厚生労働省の承認が必要な医薬部外品として売り出しているためだ。

 コーセーは9月に高価格帯ブランド「コスメデコルテ」から美容液「iP.Shot アドバンスト」(税抜き1万円)を、10月にはスーパーなどで取り扱うブランド「ワン バイ コーセー」からクリーム「ザ リンクレス」(同5800円)を発売する。いずれも肌の表面と深部の両方に働きかける独自の有効成分「リンクルナイアシン」を配合し、はりのある肌を取り戻すとしている。

 同社は「他社よりも遅れての参入だが、差別化のため、つけ心地にもこだわった。2ブランドから出すことで…

この記事は有料記事です。

残り1097文字(全文1472文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訪日客人気スポット「チームラボ」菅長官が視察「来年は4000万人に」

  2. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

  3. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  4. 社会 甲子園のツタ、復活せず 全体覆うのにあと10年 耐震工事で一時撤去

  5. 移転する「おふくろの味」警察署長が感謝状 滋賀・高島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです