メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京大

ニホンザルのiPS細胞作製 神経幹細胞誘導に成功

 京都大霊長類研究所の今村公紀助教らのグループは、ニホンザルのiPS細胞(人工多能性幹細胞)を世界で初めて作製して神経幹細胞に誘導することに成功したと発表した。霊長類の脳神経基盤の解明や進化の過程、ヒトとサルの違いを解き明かす手がかりになるという。成果は15日、英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」電子版に掲載された。

 グループは、ニホンザルの生後6日の赤ちゃんと21歳の成体(どちらも雌)の皮膚細胞由来の細胞に、初期化する遺伝子を発現させてiPS細胞を作製。これに神経系の発生を促す2種類の薬剤を添加したところ、神経幹細胞の分化誘導に成功し、続けて培養すると神経細胞(ニューロン)になった。ヒトでの作製方法と似ているが、培養条件などが異なる。

この記事は有料記事です。

残り253文字(全文578文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里氏を立件へ 夫の克行前法相と選挙で買収・共謀容疑 検察当局

  2. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  3. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  4. 検察は黒川氏以外にも賭けマージャンをした者がいるか徹底的に調査せよ

  5. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです