0歳児調査

保育入園直後にストレス上昇

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 保育施設に入園直後の乳児は強いストレスを感じているとの調査結果を、医療や保育の関係者で作る「保育安全推進協議会」が30日発表した。0歳児13人の健康データを分析すると、入園前と比べ、昼寝の眠りが浅いなどの傾向がみられたという。保育施設での乳児の突然死は入園後間もないうちに起きるケースが多く、同協議会は「ストレスが突然死につながっている可能性がある」と指摘する。

 保育施設内での死亡事故は2017年に8件発生し、うち5件は睡眠中だった。多摩北部医療センターによる10~14年の厚生労働省統計の分析では、睡眠中に起こる突然死の30%は入園後1週間以内、51%は1カ月以内に発生していた。なぜこの期間に突然死が集中するのかは、はっきり分かっていない。

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文678文字)

あわせて読みたい

ニュース特集