メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成という時代

第1部 語る/5 情報革命時代の言葉 変えた文明の「形」

アイフォーン5の発売を待つ人たち。情報通信革命は社会のさまざまな領域に影響を及ぼした=東京都中央区のアップルストア銀座前で2012年9月20日、森田剛史撮影

 小松浩主筆 高村さんは平成という時代を絶望に近い目で見ておられますね。

 高村薫氏 文学の世界でも以前はこんな表現をしたら編集者に即はねられたという文章が平気でまかり通って、文学賞の候補作として出てくるようになりました。

 小熊英二氏 それは日本全体の言語能力の低下ですか。それとも、文学に人材が集まらなくなったのですか。

 高村氏 日本全体あるいは世界共通の問題だと思います。言葉が正しく世界を言い当てる、物事を言い当てら…

この記事は有料記事です。

残り5153文字(全文5363文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 騒動 出川哲朗 イッテQ騒動に男気初対応、信頼貫く「頑張ってる」(スポニチ)
  5. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです