メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

観光

「ツッテ」プロジェクトまもなく開始 釣った魚でクーポンゲット

「ツッテ熱海」の仕組みを発案した中川めぐみさん。「釣りアンバサダー」を名乗る=本人提供

 釣って、売って、食べて、湯船につかって--。静岡県熱海市で、海釣りを観光資源の中心に据えたユニークなプロジェクト「ツッテ熱海」が9月15日にスタートする。地元の釣り船に乗って釣った魚を魚市場に持ち込むと、買い取り価格に応じて「ツッテ」と呼ばれるクーポンをもらえる。クーポンは市内の飲食店や温泉施設で通貨のように使える。市内には釣った魚をさばいて食べさせてくれる店もある。老舗観光地の新しい取り組みが注目を集めている。【中村かさね/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り1580文字(全文1809文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

  3. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

  4. 須磨海浜水族園、民営化で小中生入場料3倍超え 市民「高過ぎ」署名活動

  5. あおり運転 暴行容疑で男逮捕 ボンネットたたく 稲敷署 /茨城

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです