メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

柴田圭子氏

ハード、ソフト両面の市民参加が街づくりの根本

 千葉県白井市の千葉ニュータウンは、県と都市基盤整備公団(現都市再生機構UR)によって都営浅草線に直通する北総鉄道敷設とともに開発が進み、1979年から入居が始まった。純農村地帯を大規模に開発しているため、市街化区域に隣接して豊かな田園が広がり、整然とした都会的街並みと、梨に代表される農産物の産地という二つの顔を併せ持つ。

 しかし、ニュータウン開発は計画が大幅に縮小され、民間開発の導入、市街化区域に隣接する調整区域の乱開…

この記事は有料記事です。

残り1070文字(全文1304文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 日本テレビ イッテQ疑惑で大久保社長謝罪 祭り企画休止
  3. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  4. 日本テレビ イッテQやらせ疑惑で不適切演出認める
  5. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです