メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安田充氏

安田総務次官は浦和高出身

 埼玉県の出身者を総務省などから2回に分けて紹介する。県立浦和高の出身者が多いのが特徴だ。同校からは宇宙飛行士の若田光一さんなどが出ており政界、官界、財界に多数の人材を輩出している。

 総務省では、事務次官の安田充氏(東大法81年自治省、写真)がさいたま市(旧大宮市)出身で浦和卒だ。「高校時代は応援団に入っていた。よく屋上で発声練習をしていた」と話す。官房長の武田博之氏(東大経84年郵政省)は行田市出身、日本学術会議事務局企画課長の荒木潤一郎氏(東大法88年総務庁)は上尾市出身で、ともに浦和の後輩だ。総括審議官の山崎俊巳氏(東工大院経営工86年郵政省)は県立熊谷高卒で深谷市の出身。同校からは大塚陸毅・JR東日本相談役や内閣府事務次官や厚生労働省事務次官、人事院総裁を務めた江利川毅氏などが出ている。

 情報流通行政局審議官の奈良俊哉氏(東大法86年郵政省)は新座市出身、内閣官房皇位継承式典事務局参事…

この記事は有料記事です。

残り1046文字(全文1460文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  4. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです