メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安田充氏

安田総務次官は浦和高出身

 埼玉県の出身者を総務省などから2回に分けて紹介する。県立浦和高の出身者が多いのが特徴だ。同校からは宇宙飛行士の若田光一さんなどが出ており政界、官界、財界に多数の人材を輩出している。

     総務省では、事務次官の安田充氏(東大法81年自治省、写真)がさいたま市(旧大宮市)出身で浦和卒だ。「高校時代は応援団に入っていた。よく屋上で発声練習をしていた」と話す。官房長の武田博之氏(東大経84年郵政省)は行田市出身、日本学術会議事務局企画課長の荒木潤一郎氏(東大法88年総務庁)は上尾市出身で、ともに浦和の後輩だ。総括審議官の山崎俊巳氏(東工大院経営工86年郵政省)は県立熊谷高卒で深谷市の出身。同校からは大塚陸毅・JR東日本相談役や内閣府事務次官や厚生労働省事務次官、人事院総裁を務めた江利川毅氏などが出ている。

     情報流通行政局審議官の奈良俊哉氏(東大法86年郵政省)は新座市出身、内閣官房皇位継承式典事務局参事官の五嶋青也氏(東大法92年自治省)は所沢市出身で、高校はともに都内の東京学芸大付属高を出た。自治行政局選挙部政治資金課長の井上勉氏(東大法92年自治省)は越谷市生まれ、総合通信基盤局料金サービス課長の大村真一氏(東大法92年郵政省)はさいたま市出身、内閣官房内閣参事官の田中聖也氏(東大法93年自治省)は上尾市出身で、それぞれ浦和OBだ。統計審査官の阿南哲也氏(早大法95年総務庁)は所沢市出身で県立川越高を卒業している。同校からはミステリー作家の内田康夫らも出ている。

     財務省では、内閣府官房審議官の窪田修氏(東大経88年大蔵省)が浦和卒でさいたま市出身だ。内閣府では、人事課長の村山裕氏(一橋大経88年経企庁)も浦和が母校で、川口市で生まれた。内閣官房皇位継承式典事務局次長の三上明輝氏(早大政経88年総理府)は川越の卒業生。所沢市で育った。

     警察庁では、国家公安委員会会務官の立崎正夫氏(東大法93年警察庁)がさいたま市出身。中学から都内の私立開成高へ通った。内閣法制局参事官の早川剛史氏(東大法96年警察庁)は日高市出身で川越を出た。中国管区警察局長の鈴木三男氏(東大法85年警察庁)は浦和の卒業生だ。

     外務省では、外務報道官の大菅岳史氏(東大法85年外務省)が所沢市出身で東京学芸大付属を卒業した。儀典総括官の今西淳氏(上智大法93年外務省)は坂戸市出身で川越の卒業生だ。ルワンダ大使の宮下孝之氏(慶大法81年外務省)とバーレーン大使の浅子清氏(創価大院法中退76年外務省)は浦和を出ている。

     文部科学省では、初等中等教育局初等中等教育企画課長の森孝之氏(東大法90年文部省)が浦和OBで、越谷市で育った。研究振興局参事官の原克彦氏(東北大院理92年科技庁)は坂戸市に実家があるという。県立松山高を卒業している。高等教育局高等教育企画課長の蝦名喜之氏(早大法90年文部省)は、春日部市出身で県立春日部高卒だ。

     厚生労働省では、官房長の常塚由美子氏(東大法84年労働省)が春日部市出身で、高校は都内の私立桜蔭高を卒業している。社会・援護局総務課長の朝川知昭氏(東大法90年厚生省)と同局障害保健福祉部企画課長の内山博之氏(東大法91年厚生省)は、さいたま市出身で浦和卒だ。官房審議官の佐原康之氏(金沢大医91年厚生省)は春日部市出身で春日部を出ている。環境省の水・大気環境局大気環境課長の高沢哲也氏(東北大院工92年厚生省)もさいたま市出身で浦和の卒業生だ。(次回は埼玉県・下)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 安室さんコンサート 療育手帳で入場断られ…「取り返しがつかない」憤りの声
    2. 三越伊勢丹 3店閉鎖へ 新潟、相模原と府中
    3. 台風24号 沖縄は大しけ 30日ごろ西日本直撃恐れ 
    4. 県教委 バイク免許に新要項 高校生「3ない運動」廃止 /埼玉
    5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国指導者

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです