メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・ファイル

火山 大規模噴火の防災対策に着手

政府の中央防災会議に有識者会議設置 

 政府は近く、中央防災会議の下に有識者会議を設置し、火山の大規模噴火に対する国としての具体的な防災対策に初めて着手する。まずは富士山をモデルケースとして、首都圏を襲う火山灰による影響や除灰方法を検討する方針だ。最新の推計では、江戸時代と同規模の噴火で都心に10センチ超の降灰も予想される。ただ、大規模噴火よりさらに頻度が低く、国を滅ぼしかねない「破局的噴火」の対策はめどが立っていない。

 富士山の大規模噴火として知られるのは、江戸時代の1707(宝永4)年12月に発生した「宝永噴火」だ…

この記事は有料記事です。

残り2340文字(全文2601文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カジワラさん「入国時、約2時間入管で足止め」 辺野古移設でサイト署名呼びかけ人
  2. 社説 ホンダの英国撤退 最後の警報が鳴っている
  3. アクセス 即位で10連休、非正規悲鳴 月7万円減収/人手不足で「働き詰め」 格差の放置浮き彫り
  4. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁
  5. WEB CARTOP 明らかに健康に悪そう! いまだに地方で黒煙を上げる大型ディーゼル車が走っているワケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです