メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 長野県富士見町に「道の駅蔦木宿」=写真=がある。ここの特徴は、特産物として栽培している「真っ赤なルパーブ」をテーマに取り上げていることだ。最近注目をされている野菜の一種であるルパーブは、シベリア地方の原産であって北国で作られてきたもので種類も多いという。もともとはグリーンの野菜で、根元が赤くなる程度だった。

 そのような中で、1975年ごろから町内で個人的に作られてきた真っ赤なルパーブがあった。これは貴重種…

この記事は有料記事です。

残り894文字(全文1099文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  2. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  3. 韓国国会議長「日本は盗っ人たけだけしい」 謝罪要求に反発
  4. 安倍首相「桜田氏が東京五輪招致尽力」発言を訂正 前任と混同
  5. 特集ワイド 「ツイッターの妖精引退」宣言した女優、春名風花さん 現実世界に居場所、必ずある

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです