メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 長野県富士見町に「道の駅蔦木宿」=写真=がある。ここの特徴は、特産物として栽培している「真っ赤なルパーブ」をテーマに取り上げていることだ。最近注目をされている野菜の一種であるルパーブは、シベリア地方の原産であって北国で作られてきたもので種類も多いという。もともとはグリーンの野菜で、根元が赤くなる程度だった。

 そのような中で、1975年ごろから町内で個人的に作られてきた真っ赤なルパーブがあった。これは貴重種…

この記事は有料記事です。

残り894文字(全文1099文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 上戸彩 娘とTikTokにハマり中 動画撮影にも挑戦
  3. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  4. 京都府警 スーパーで店員の女性刺す 男の身柄を確保
  5. 質問なるほドリ 5Gどんな通信? 動画も超高速ダウンロード 自動運転支える=回答・森有正

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです