メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宮城県職員による「『だて正夢』『金のいぶき』宮城の美味しさ売り込み隊」=仙台市で2018年7月24日

「米どころ宮城」の復権を目指す 「だて正夢」が本格デビュー

 宮城県は、江戸時代から米どころとして知られ、「ひとめぼれ」や「ササニシキ」という2大ブランド米を生み出し、良質なみやぎ米の産地として評価されてきた。しかし、全国各地が米の新たな品種を次々に市場に投入し、米のブランド化に火花を散らすいわば「お米の戦国時代」に突入し、首都圏の消費者にとって、「米どころ宮城」のイメージは薄れ、みやぎ米の認知度をどう向上させるかが課題となっている。

 県は2016年7月に、米の生産や流通などの関係団体で組織する「みやぎ米ブランド化戦略会議」を設立。…

この記事は有料記事です。

残り1435文字(全文1703文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ノルウェー豪華客船がエンジン故障 1370人乗せたまま航行不能に
  2. ORICON NEWS タモリ、平成最後のフジ生特番で総合司会 新元号の瞬間も立ち会う
  3. 米子東の選手がベンチ入りせず
  4. 不正受給 尼崎市、介護施設事業者の指定を取り消し /兵庫
  5. 広瀬すず 100作目朝ドラヒロインは必然 強運引き寄せる「完璧主義」と「負けず嫌い」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです