メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宮城県職員による「『だて正夢』『金のいぶき』宮城の美味しさ売り込み隊」=仙台市で2018年7月24日

「米どころ宮城」の復権を目指す 「だて正夢」が本格デビュー

 宮城県は、江戸時代から米どころとして知られ、「ひとめぼれ」や「ササニシキ」という2大ブランド米を生み出し、良質なみやぎ米の産地として評価されてきた。しかし、全国各地が米の新たな品種を次々に市場に投入し、米のブランド化に火花を散らすいわば「お米の戦国時代」に突入し、首都圏の消費者にとって、「米どころ宮城」のイメージは薄れ、みやぎ米の認知度をどう向上させるかが課題となっている。

 県は2016年7月に、米の生産や流通などの関係団体で組織する「みやぎ米ブランド化戦略会議」を設立。…

この記事は有料記事です。

残り1435文字(全文1703文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  2. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  5. 兵庫県警 ホルマリン誤注入で医師ら書類送検 患者に傷害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです