メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・特集

SDGs 動き出した日本の「SDGs未来都市」

エネルギー自給率100%を目指す岡山県真庭市のバイオマス発電所=真庭市提供

全国29自治体 10モデル事業を選定

 SDGs(エス・ディー・ジーズ、Sustainable Development Goals)は持続可能な開発目標として2015年に国連のサミットで採択された。先進国を含む国際社会全体が30年を期限とする包括的な17の目標(ゴール)と169のターゲットを設定し、「誰一人取り残さない」社会の実現を目指す。政府は今年6月、29の自治体を「SDGs未来都市」と、その中から先駆的な10のモデル事業を選定した。今年はまさにSDGs元年だ。その選定に関わったローカルファースト研究所代表取締役(東洋大客員教授)の関幸子氏に、政府の取り組みとSDGs未来都市の最前線の動きを報告してもらった。

 SDGsは17のゴール別に具体的な169のターゲットが明記されているが、先進国である日本が実際に取…

この記事は有料記事です。

残り5256文字(全文5615文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです