メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eye

隣国ウガンダで聞いた 南スーダン難民の「宝物」

ジャスティン・バカタさん(62)。ソーラー発電機。居住区で購入した。ジュバに住む家族と話す携帯電話の充電に使っている=ウガンダ・アルアのライノ難民居住区で2018年4月8日、小川昌宏撮影

 4年半に及ぶ内戦で約250万人が国外へ逃れたアフリカ・南スーダン。隣国ウガンダ北部を訪れると、切り開かれた広大な大地に居住区が造られ、難民たちが草ぶきの家で暮らしていた。家財道具はほとんどない。薪拾いやレンガ作りなどで日銭を得るか、1人当たり月12キロの配給穀物を換金するしか収入がないという。

 「銃声におびえる必要はなくなったが、食べ物は足りず、十分な教育も受けさせられない」。居住区で妻と子供4人を育てるマニョン・ブレンさん(34)はそう語った。内戦で父を亡くし、家を焼かれた。徒歩での避難に持ち出せたものは限られたが、ビジネスを学んだ大学の卒業証明書は大切に携えてきた。「故郷に戻り、いつか会社をつくりたい」と言う。

 「いま大事にしているものは何ですか」。記者の問いかけに、難民たちはカメラの前に持ち寄ってくれた。「…

この記事は有料記事です。

残り537文字(全文899文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗
  5. 仙台・警官刺殺 刃渡りは20cm 「現金拾った」と訪問

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです