メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炎のなかへ

/245止 アンディ・タケシの東京大空襲 石田衣良 望月ミネタロウ・画

おわりに(3)

「こうして憎い敵だったアメリカにも旅行できたし、エリーさんと何度も話ができた。みんなタケシくんのお陰よ。おかしなことをいうようだけど、今もこのカフェのどこかで、茶色い目をして国民服を着た男の子がこっちを見てるんじゃないかって気がするのよ」

 エドワードが肩をすくめていった。

「ゴーストみたいなやつ? なんか怖いな」

「ちっとも怖くないよ。ついこの前まで生きていた人だもの。エリーさんのブラザーよ」

この記事は有料記事です。

残り783文字(全文986文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 武漢の医師が相次ぎ死亡 当局が表彰、子どもの受験優遇も

  2. 中居正広さん、ジャニーズ3月末退所し独立 遺骨手に「ジャニーさん、力をくれ」

  3. 愛子さまが学習院大文学部へ進学 推薦入試合格

  4. 豪、イスラエルに帰国のクルーズ船下船者、新型肺炎感染を確認 日本側検査で陽性者なし

  5. 新型肺炎、国内発生100人超に 北海道や埼玉で新たな感染者 未就学児も 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです