メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

絵筆で語り継ぐ

 広島市の高校生が被爆者の証言をもとに原爆投下時の市内の様子を描いた絵が、名古屋市名東区の「戦争と平和の資料館ピースあいち」で2日まで展示されている。

 作者は私の母校、広島市立基町高の生徒たち。指導教諭の橋本一貫さん(59)は「被爆者自身の描いた絵には及ばない」と話すが、その油絵はモノクロの記録写真から当時を想像していた私の…

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文409文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. GPIF理事長を減給処分 「女性と関係」内部通報、監査委員に報告遅れ

  3. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  4. 茨城・那珂川 氾濫発生情報出さず 巡視員通報・職員確認も生かせず 国交省関東地方整備局

  5. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです