特集

旧優生保護法を問う

旧優生保護法下で不妊手術を強制された障害者らの記録に関する毎日新聞の全国調査で、強制手術を受けた人の約8割に当たる1万2879人の資料が確認できなくなっていることが判明した。「記録のない被害者」をどう特定し、救済につなげるか。

特集一覧

旧優生保護法

強制不妊手術 手話で「子どもほしかった」 聴覚障害女性訴え /長野

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 旧優生保護法(1948~96年)下で障害者らが不妊手術を強制されていた問題で、聴覚障害を理由に不妊手術や人工妊娠中絶を受けさせられた県内の80代女性が31日、長野市内で夫と共に記者会見し、「子どもがほしかった。本当に悔しい。きちんと育てられたのに」と手話で訴えた。【ガン・クリスティーナ】

 女性は30代で妊娠が分かり、夫の両親や実姉などに報告。夫の両親は歓迎してくれたが、実姉や実兄の妻が「聞こえない夫婦に子どもが生まれたら、子どもが嫌がって家出する」と強く反対。説得されて中絶し、不妊手術も受けた。女性は「喜んでくれると思っていたので、反対されて泣いた。その場を逃げ出したかった」と振り返り、「高齢夫婦二人だけの今の生活は大変…

この記事は有料記事です。

残り474文字(全文789文字)

【旧優生保護法を問う】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集