メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊手術 手話で「子どもほしかった」 聴覚障害女性訴え /長野

 旧優生保護法(1948~96年)下で障害者らが不妊手術を強制されていた問題で、聴覚障害を理由に不妊手術や人工妊娠中絶を受けさせられた県内の80代女性が31日、長野市内で夫と共に記者会見し、「子どもがほしかった。本当に悔しい。きちんと育てられたのに」と手話で訴えた。【ガン・クリスティーナ】

 女性は30代で妊娠が分かり、夫の両親や実姉などに報告。夫の両親は歓迎してくれたが、実姉や実兄の妻が「聞こえない夫婦に子どもが生まれたら、子どもが嫌がって家出する」と強く反対。説得されて中絶し、不妊手術も受けた。女性は「喜んでくれると思っていたので、反対されて泣いた。その場を逃げ出したかった」と振り返り、「高齢夫婦二人だけの今の生活は大変…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  2. トゥルシンバエワ「信じられない」シニア女子初の4回転サルコウ成功
  3. NGT48・山口さん調査報告書に「嘘ばかり」 運営会社側は否定
  4. 民放ラジオ縮小へ ワイドFM統合前提 民放連が要請方針
  5. 借り上げ復興住宅で住民女性退去の判決 最高裁初の判断

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです