メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
旧優生保護法を問う

強制不妊手術 手話で「子どもほしかった」 聴覚障害女性訴え /長野

 旧優生保護法(1948~96年)下で障害者らが不妊手術を強制されていた問題で、聴覚障害を理由に不妊手術や人工妊娠中絶を受けさせられた県内の80代女性が31日、長野市内で夫と共に記者会見し、「子どもがほしかった。本当に悔しい。きちんと育てられたのに」と手話で訴えた。【ガン・クリスティーナ】

 女性は30代で妊娠が分かり、夫の両親や実姉などに報告。夫の両親は歓迎してくれたが、実姉や実兄の妻が「聞こえない夫婦に子どもが生まれたら、子どもが嫌がって家出する」と強く反対。説得されて中絶し、不妊手術も受けた。女性は「喜んでくれると思っていたので、反対されて泣いた。その場を逃げ出したかった」と振り返り、「高齢夫婦二人だけの今の生活は大変…

この記事は有料記事です。

残り474文字(全文789文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  5. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです