かんこ踊り

成り立ち学ぶ 京都にまたがる民俗芸能 あす講演会 伊賀 /三重

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 伊賀市や京都府南部に伝わる「かんこ踊り」について専門家が分かりやすく語る講演会が2日午後1時半から、伊賀市上野丸之内のハイトピア伊賀である。県境を超えて定住自立圏形成の協定を結んだ伊賀市の教育委員会と京都府笠置町、南山城村が主催。共通の民俗芸能の成り立ちと変遷を知って3自治体が文化面でも交流する事業として企画された。無料。

 市文化財保護審議会委員(民俗担当)の佐々木聖佳・甲南大非常勤講師が踊りの記録映像や踊りの分布図などを見ながら講演する。

この記事は有料記事です。

残り389文字(全文612文字)

あわせて読みたい

注目の特集