悩み相談

LINEで 子供の自殺防止対策 県が実験 /徳島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 夏休み明けのいじめや自殺を防ぐため、県立総合教育センター(板野町犬伏)が県内の公立中学・高校と特別支援学校の生徒を対象に無料通信アプリ「LINE」を使った悩み相談に応じる実証実験を始めた。子供の自殺は9月1日が最も多く、センターは「学生に身近なSNSを活用し、悩みを丁寧に聞き取っていきたい」と水際での防止に期待する。【松山文音】

 実験は、東京都内にある専門業者に委託し21日から始めた。臨床心理士などの資格を持つ男女が毎日午後6~9時に相談に応じている。県教委が7月下旬、専用サイトにつながるQRコードが印刷されたカードやチラシを生徒に配り取り組みを周知した。期間は夏休み明け前後から60日間を予定している。

この記事は有料記事です。

残り746文字(全文1052文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集