メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カネミ油症

事実を後世に 発覚50年、治療法確立されず 被害者支援活動で撮影、河野裕昭さん写真展 あすから長崎で /長崎

 米ぬか油にPCB(ポリ塩化ビフェニール)が混入した国内最大の食品公害「カネミ油症」の発覚から50年となる10月を前に、長崎ブリックホール(長崎市茂里町)で2日から、写真展「油症事件とPCB汚染を考える」(実行委主催)が開かれる。15日までで入場無料。【浅野翔太郎】

 油症発覚8年後に写真集「カネミ油症-河野裕昭写真報告」を出版した横浜市の写真家、河野裕昭さん(67)が、未公開作品含む写真54点を出品する。

 油症は、原因企業・カネミ倉庫(北九州市)の米ぬか油の製造工程でPCBが混入しPCBが熱変成してでき…

この記事は有料記事です。

残り459文字(全文713文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  2. サウジ記者不明 アップルウオッチ通じ録音か トルコ紙
  3. 伊藤園 業界初、缶入り「とん汁」22日発売 豚肉なし
  4. プロ野球CS 広島が2年ぶり日本シリーズ出場 8回目
  5. 新幹線姫路駅 男性はねられ死亡 東京-博多一時見合わせ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです