メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

OITAサイクルフェス

UCI公認、五輪枠狙い強豪参加も 10月 /大分

 大分市の街中を自転車で走り抜ける「OITAサイクルフェス!!!2018」が10月13、14日、同市横尾の大分スポーツ公園周辺などで開かれる。5回目の今年は、大会メインのレースが国際自転車競技連合(UCI)の公認ロードレースとなる。各国の五輪出場枠のためのポイントが加算される大会となり、国内外の強豪選手の参加も期待される。【尾形有菜】

 フェスでは主に2レースが行われる。10月13日は、大分駅南側の大分いこいの道周辺で、30キロの周回コース(1周1キロ)によるレース「おおいたいこいの道クリテリウム」を開き、14日に大分スポーツ公園周辺で、150キロの周回コース(1周10キロ)を競う「おおいたアーバンクラシック」を開催する。会場周辺では、電動アシスト自転車の体験会など各種イベントが行われる。また、アーバンクラシックは今回からUCI…

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文625文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  2. 転向の高橋「上出来」 充実の初ダンスでRD2位 フィギュアNHK杯

  3. 吉本新喜劇の元座長、船場太郎さん死去 81歳 大阪市議会議長も務め

  4. 桜を見る会前夜祭 2019年分も収支報告なし 安倍氏の政治団体

  5. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです