メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

土記

サマータイム幻想=青野由利

 <do-ki>

 欧州や北米に住んだことのある人、夏に旅したことのある人は、「サマータイム」と聞くと、わくわく感がよみがえるのではないだろうか。

 かくいう私もその一人。いつまでも暮れない夏の日、ゆるゆる散歩したり、カフェで本を読んだり。日本も導入すればいいのに、と思ったことは何度もある。

 でも、残念。それはきっと幻想だ。サマータイムの心地よさは、高緯度で、夏でも夕方が涼しく、湿度も低い地域ならではのものだからだ。

 サマータイムが意味を持つのは、もちろん、地球の自転軸が公転面に対し約23・4度傾いているからだ。このため緯度が高い地域ほど夏の日の出は早く、日没は遅くなる。日が沈んだ後の薄明の時間も高緯度ほど長い。こうした地域は冬に日が短いだけに、日照を有効活用しようと夏には一日の開始を早めてきた。

この記事は有料記事です。

残り641文字(全文992文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

  2. 持続化給付金詐取の疑い 国立印刷局の職員2人を逮捕、国家公務員で初 警視庁

  3. コロナ感染半年後も98%が抗体保有 重症度高いほど防ぐ能力強く 横浜市大

  4. 家宅捜索で記録媒体握りつぶした疑い 証拠隠滅容疑で弘道会系組長逮捕 愛知県警

  5. 中国産ウナギ1200匹を国産と偽り販売 容疑で元従業員ら書類送検 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです