メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

「三つどもえ」構図作れず 野田氏、党内基盤欠き

自民党総裁選への不出馬を表明した記者会見を終えて同席した浜田靖一衆院議員と握手する野田聖子総務相(左)=衆院第1議員会館で2018年8月31日午後3時14分、川田雅浩撮影

 野田聖子総務相(57)が自民党総裁選(9月7日告示、同20日投開票)の出馬を断念したのは党内基盤の弱さと、安倍晋三首相(63)陣営の締め付けで支持拡大の余地が見いだせなかったためだ。石破茂元幹事長(61)との「三つどもえ」の構図を作れなかった。

 「さまざまな連絡や取り組みが後手後手に回った。ただ漫然と集うのではなく、日本政治、自民党活性化のための拠点が必要だ」

 野田氏は31日の記者会見で基盤の弱さと見通しの甘さを反省し、自身が中心のグループ作りに意欲を示した。会見に同席した浜田靖一元防衛相(無派閥)、小此木八郎国家公安委員長(同)、野田氏の地元・岐阜選出の渡辺猛之参院議員(竹下派)の3人には「皆さんに大変な重荷を背負わせた」と伝えた。

この記事は有料記事です。

残り492文字(全文815文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  2. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  3. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  4. 水説 怒れる検事長OB=古賀攻

  5. 「まさか栃木で」小6女児保護、大阪の住民ら驚き「よく頑張った」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです