メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プリズム

しかし…=論説委員・野沢和弘

 「しかし」を探せ。中国からの女子留学生は日本語学校でそう教えられた。

 現代国語の試験で外国人留学生が日本語の長文を読むのは大変だ。そこで「しかし」「ところが」という逆接の接続詞を見つけろという。大事なこと、筆者が本当に言いたいことは、「しかし」の後にあるというのだ。

 山内豊徳さんは旧環境庁局長として水俣病訴訟を担当した。被害者の心情を理解しながら、それを拒絶する政府の方針との間で板挟みになり、悩んだ末に自ら命を絶った。1990年のことだ。

 国家という組織の中で官僚の信念や良心がすりつぶされていく状況を記した「しかし…」は映画監督の是枝裕…

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文611文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で
  3. 憂楽帳 「虐殺」が起こった街
  4. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  5. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです