連載

赤い「踏み絵」

中国で未成年者に宗教活動を禁じる措置が広がっている。河南省では今月から教会にある十字架を撤去させる動きも活発化。習近平指導部には、共産党統治の安定のために信仰の拡大を抑える狙いがあるとみられる。

連載一覧

赤い「踏み絵」

中国カトリックは今/4止 信仰・文化は奪えない 文革時代の弾圧、心に刻む

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
北京市郊外のカトリック教会でミサに参加する信者たち=河津啓介撮影
北京市郊外のカトリック教会でミサに参加する信者たち=河津啓介撮影

 北京市郊外には出稼ぎ労働者が暮らすベッドタウンが急速に拡大する。不動産が高騰する市中心部は富裕層以外はとても住めない。各地から集まった人々の習慣、文化が入り交じり、信仰の場も自然と設けられた。

 雑居ビルの中に、カトリック教会があった。外見よりも内部は小学校の体育館並みに広々としていて、信者たちがミサの準備に追われていた。わずかに香のにおいが漂う。「いつもは600人ほどの信者が集まります。今日は少ないほうです」。神父が解説してくれた。

 神父は、中国とバチカンの関係改善を支持している。「時代の潮流であり、すべての信者がバチカンと共にありたいと願っている。現在の法王は、そうした思いを理解していらっしゃる」

この記事は有料記事です。

残り981文字(全文1285文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集