メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

脱グローバリズムに向かう農業=資源・食糧問題研究所代表 柴田明夫

 際限のないグローバリズムに限界が見え始めた。世界貿易機関(WTO)体制がスタートした1995年に5・1兆ドルだった世界貿易額は、2014年には19兆ドルと4倍近くに拡大した。しかし15年以降は16兆ドル前後で頭打ちとなり、貿易増加率が世界経済成長率を下回る「スロー・トレード」の状態にある。

 安価な資源、エネルギー、食料を前提に、ひたすら成長を目指してきたグローバル化の時代は終わりつつある。いまや世界は、無限の自然を前提にした無限の発展を見直し、持続可能な経済への転換を模索し始めた。この潮流変化を見誤ってはならない。

 日本の農業も脱グローバリズムが必要だ。目指すはよそに依存することなく、地域に根差した経済への転換で…

この記事は有料記事です。

残り418文字(全文729文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

  5. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです