メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

脱グローバリズムに向かう農業=資源・食糧問題研究所代表 柴田明夫

 際限のないグローバリズムに限界が見え始めた。世界貿易機関(WTO)体制がスタートした1995年に5・1兆ドルだった世界貿易額は、2014年には19兆ドルと4倍近くに拡大した。しかし15年以降は16兆ドル前後で頭打ちとなり、貿易増加率が世界経済成長率を下回る「スロー・トレード」の状態にある。

 安価な資源、エネルギー、食料を前提に、ひたすら成長を目指してきたグローバル化の時代は終わりつつある。いまや世界は、無限の自然を前提にした無限の発展を見直し、持続可能な経済への転換を模索し始めた。この潮流変化を見誤ってはならない。

 日本の農業も脱グローバリズムが必要だ。目指すはよそに依存することなく、地域に根差した経済への転換であろう。農業を核に食料、エネルギー、人材、水、森林などの地域資源をフル活用し、域内だけで完結させる持続可能な経済の構築である。

この記事は有料記事です。

残り355文字(全文729文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  5. コロナ社会を考える コロナ禍にこそ文化芸術は不可欠だ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです